飲みサーは怖い?!弱い人や吐く人がお酒の限界を知る3つの方法!大学生の二日酔い防止!

「自分の限界を越えないか心配…」
「弱いのか強いのかからない…」
「倒れるのが怖すぎる…」

こんな人のために、
自分のお酒の限界を確かめる
3つの方法をお伝えします!

具体的には、

一度限界まで飲んで見る(重要)
赤くなるかどうかで判断する
自宅で簡単なパッチテストをする

と言った内容です。

⇒【良い飲みサーの見分け方!?
⇒【彼女が飲みサーに入って心配!?




一度吐いてみる

お酒の限界が
分からない人は、

一度吐いてみるのが
いいかもしれません!

限界に挑戦する、
というやつです。

これは
信頼できる人、
介抱できる人、
飲み過ぎを止めてくれる人
のそばで行いましょう。

一度限界に行くと、
自分の飲める量や
酔った時の状態がわかります。

これをしないと、
将来失恋した時などに、
一人で限界を超えて
大量に飲んでしまうことに
繋がりません…。

大変危険ですよね。

お酒とは一生付き合うもの。
一度限界に挑戦してみるのが
おすすめです!

また、
飲み会を繰り返す
のもおすすめです。

二日酔いには
水分不足や分解不足など、
人によって
様々なタイプがあります。

また、お酒の種類によって、
人により酔いやすいお酒と
酔いにくいお酒があります。

これらは
飲み会を繰り返さないと、
原因がわからないんです!

原因を明確にし、
対処法を模索しましょう!
⇒【飲みサー彼女は心理学で繋げ!?
⇒【飲みサーは就活恋愛に有利!?

赤くなる人要注意!

顔が赤くなる人が
お酒に弱いのは確かです。

お酒はエタノール→
アセトアルデヒド→
酢酸という段階を経て、

肝臓がお酒を
無毒な酢酸(お酢)に
分解するのです。

そう、
お酒は分解される
”毒”なんです!

毒を飲んだら死ぬのは、
分解されないからです。

お酒は毒として活躍する前に、
人体が分解するから
飲んでも大丈夫なわけです。

しかし、
生まれつきの抗体によって、
お酒がアセトアルデヒドで
止まってしまう人がいます。
それが赤くなる人です。

また赤くなっても強い人や、
赤くならなくても弱い人が
いるので要注意です。

が、確かに相関はあるでしょう。

飲めるけど
次の日二日酔いになりやすい、
動悸や頭痛がするという人は、

顔に出ないけれど、
分解がアセトアルデヒドで
とどまりやすい人、
なのかもしれません!
⇒【飲みサーは彼女作りが余裕!?
⇒【飲みサーは体育会系のノリ!?

パッチテストをする!

私は保険の授業で
アルコールパッチテストを
中学のときに受けました。

そして、
全く赤くならなかったです。

このテストで赤くなる人は、
相当弱いと言えます。

お酒を飲むと
もう真っ赤になります。

そんな人が
ウォッカなんかを
飲んでしまうと、

命の危険になりかねません。

パッチテストは
消毒用のエタノール等で、
自宅で簡単に行なえます!

やってみましょう!

一番危険なレベルで
弱いかがわかります。
⇒【グループは入学前に決まる!?
⇒【軽音サークルはめっちゃモテる!?

【こんな記事も読まれています】

 
⇒【服はモノトーン+1色まで!?
⇒【良い飲みサーの見分け方!?
⇒【彼女が飲みサーに入って心配!?
⇒【大学デビューは筋トレ必須!?
⇒【飲みサー彼女は心理学で繋げ!?
⇒【飲みサーは就活恋愛に有利!?
z⇒【カフェ+イヤホン+雨音が最強!?
⇒【飲みサーは彼女作りが余裕!?
⇒【飲みサーは体育会系のノリ!?
⇒【文化祭で儲かるのは焼きそば!?

まとめ

お酒に強いかどうかは、
1.限界まで飲む
2.顔の赤さや症状
3.パッチテスト

で判別することができます!

お酒は本来毒という事を知り、
安全に楽しく飲みましょう!!

関連記事

  1. 飲みサーは怖い先輩や上下関係が辛い?!楽しい?体育会との雰囲気の差は?

  2. 飲みサーは怖い!?女子大生(一女)は新歓が危ない!?潰されない方法とは!!

  3. 飲みサーは時間の無駄?危ないし意味がないは嘘!恋愛就活が有利に?!実は楽しくてコミュ力つく。

  4. 飲みサーが怖い?!雰囲気やウェイはどんな感じ?金髪や飲み強制は?

  5. 【飲めない】飲みサーがつまらない?酒弱い大学生の二日酔い対策!辞めたい人は待って。

  6. 彼女の飲みサーを辞めさせる心理学的戦略!!束縛無しに呑みに行かせないラベル貼りとは?!

  7. 彼女の飲みサーを辞めさせる方法!酒癖やボディタッチ心配?!LINE来ない?!

  8. 飲みサーは楽しい?見分け方!!吐くまで飲む所はつまらない?新入生が新歓で見るべきは部長?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP