飲みサーは怖い先輩や上下関係が辛い?!楽しい?体育会との雰囲気の差は?

「飲みサーは怖そう…」
「上下関係って厳しいのかな…」

こう考えるひとは
沢山いると思います!

しかし、
案外飲みサーの先輩は
”優しい”んです…!

その3つの理由をお伝えします!

⇒【グループに途中から入る心理術‼
⇒【インカレには無限の出会い!?




本気じゃない

高校の時は
ストイックに
毎日練習したり、

他のことを捨ててまで
トーナメント出場に
人生をかけていました。

それは厳しくもなるでしょう。

しかし、
大学のサークルでは、
そこまでしません。

体育会や厳し目の
運動サークルなら
例外もありますが、

基本的には、
サークルの先輩との
上下関係は”薄め”なんです!

私は高校時代は
厳しい運動部に
入っていましたが、

大学では先輩とタメ口や
フランクな敬語で
話していてかなり驚きました!

これは、他サークルの友達を
見てても結構当てはまります。

みんな飲み会もするし、
サークルに行けない日もある。

そうやって、
ストイックさが
薄れることにより、

本気でキレる先輩や、
激しい体育会の
ノリは薄いのでしょう!
⇒【お酒弱い人の最強対策とは!?
⇒【お酒の限界を知る方法3つ!?

.飲み会があるから

第二の
上下関係が薄くなる原因は、
飲み会の存在です。

サークルの飲み会で、
会社の飲み会のごとく、
堅苦しい敬語や
おだてを使うでしょうか?

そんなことは
絶対にないでしょう。

飲みサーほど、
楽しい飲みになります。

酔っていると
敬語も減り、
かなりフランクに。

その結果、
シラフでも飲み会で構築した
対等な関係が維持されるんです!

これは飲みサーに入る
大きなメリットでもあります!

上司と飲んで、
こんな飲みは
できないんじゃないでしょうか。

つい真面目になってしまいます。

恋愛や下らない人生の相談が
できる先輩を見つけられのは、
こういう飲みだけなんです!!
⇒【インカレサークルはマジで危険!?
⇒【お酒初心者はなぜ不味い!?

先輩のほうが下手

第三に、
先輩の上手さがあります。

バスケ部やサッカー部、
野球部なんかは、

やはり歴が大事ですので、
上手い人はもう
小学校からやっています。

その結果、
中学や高校の部活には
初心者が少なく、
学年がそのまま
上手さに直結します。

自分の上の代が全員上手い。
そこに逆らう後輩などいません。

しかし、
サークルでは全くの初心者が
入ってくることがほとんどです。

中高とやってきて、
更に大学でもやりたい人は
もうみんな体育会に
入ることでしょう。

よって、最低でも
サークルの1/3くらいは
初心者なのでは?

これだけ
初心者の人がいると、
サークルの雰囲気としては
大きく変わります。

厳しい上下関係は、
一人でも舐められたり
下手な人がいると
案外簡単に緩和される
ものなんです!!

体育会のノリが嫌いな人は、
サークル最高でしょう!!
⇒【飲みサーで就活有利に!?
⇒【飲みサーの危険まとめ‼

【こんな記事も読まれています】

 
⇒【飲みサーイッキは本当!?
⇒【グループに途中から入る心理術‼
⇒【インカレには無限の出会い!?
⇒【飲みサーは運動音痴の楽園!?
⇒【お酒弱い人の最強対策とは!?
⇒【お酒の限界を知る方法3つ!?
⇒【飲みサーは新入女子が危険!?
⇒【インカレサークルはマジで危険!?
⇒【お酒初心者はなぜ不味い!?
⇒【彼女が飲みサーに入って心配!?

まとめ

サークルは
1.体育会のノリが薄い
2.飲み会でフランクに接する
3.初心者が多い

ことで、先輩とも
楽しくやっていけます!

先輩が苦手だった人、
体育会のノリが嫌いだった人は、

ぜひともサークルライフを
エンジョイしてみては?!

関連記事

  1. 【飲みサーつまらない】根が陰キャでサークル飲み会に馴染めてない人へ!ウェイと盛り上がるには

  2. 飲みサー辞めたい1年生!やったほうがいい、大学生だからの罠!

  3. 飲みサーは怖い?!弱い人や吐く人がお酒の限界を知る3つの方法!大学生の二日酔い防止!

  4. 彼女の飲みサーを辞めさせる心理学的戦略!!束縛無しに呑みに行かせないラベル貼りとは?!

  5. 飲みサーは時間の無駄?危ないし意味がないは嘘!恋愛就活が有利に?!実は楽しくてコミュ力つく。

  6. インカレサークルはなぜ危険

    インカレサークルは危ない?ヤバイ飲みサー?!評判は?ゆるいしモテる?一人で今から入部?!

  7. 飲みサーはつまらない?!楽しい?!新入生必見!現役大学生が見分け方と対策を伝授!!

  8. 飲みサーは怖い!?女子大生(一女)は新歓が危ない!?潰されない方法とは!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP